コラム

【Ushimaru 畑通信 3月】カステルフランコ・グリーンマスタード・コウサイタイ・コントルノ・ベローナ・レッドマスタード・やまわさび

「カステルフランコ」 原産:イタリア北部 チコリーの一種。葉はレタスより繊細でまろやかな風味があります。 ...
グルメ

Ushimaru 3月中旬『春の走りのとある日のメニュー紹介』

季節ごとの地場産食材をコースに取り入れ、毎日生き物のように変わるUshimaruの料理。3月中旬、春の走りのとある日のメ...
コラム

コーヒーから房総の美味しさが香る

Ushimaruのコース料理の最後を締めくくるのは一杯のコーヒー。テーブルの上で繰り広げられた感動の余韻にそっと寄り添う...
コラム

ジャージー牛。それはUshimaruの象徴

Ushimaruのコース料理のハイライトは、なんと言っても炭火焼きのジャージー牛。テーブル越しに眺める火入れのシーンに、...
コラム

ファーム・トゥ・テーブル〜若き夢をのせて

農場からテーブルへ……。 繊細で、かつ華やかにコースを彩るUshimaruのサラダは、それを象徴するひと皿だ。 ...
グルメ

鴨の炭火ロースト。千葉の冬の風土食を味わう

コース料理もいよいよ佳境に差し掛かるというタイミング。テーブルで料理に舌鼓を打っていた人たちの熱い視線が、打矢シェフの持つトングの先に注がれる。シェフの手によって炭火の焼き網の上に、次々と肉が並べられていく。その照りのある脂と香ばしい匂いをまとった表情に、俄然期待が高まるのだった。
観光

ウシマルから行ける近郊の温泉紹介

Ushimaruのある九十九里には白子温泉と言って古くからの温泉エリアがございます。海が近いので温泉のお湯もやや塩味のあ...
コラム

「天然キノコ」は自然とともに生きるあり方そのもの

「キノコにとって重要なのは気温と湿度。キノコの成分の大部分が水分ですから。気温と湿度がなければ生えないし、採ることができない。それが天然のキノコです」そう解説しつつ木立の中から現れたのは、千葉県産食材の地産地消=「千産千消」を牽引する「Restaurant Ushimaru」のシェフ、打矢健さんだ。手には収穫したばかりのアカモミタケ。
グルメ

牛脂を食べてダイエット?ピンク牛脂の特徴と使い方

牛脂と言えばスーパーに置いてある四角い無料の牛脂を思い出しますよね。脂の塊ですから、あれを食べるなんて不健康。ダイエット...
グルメ

千葉県房総半島こだわりの千産千消イタリアン「Ushimaru」で大切な1日を

千葉県の松尾横芝ICを降りて車で6km。田んぼや畑など豊かな自然の中にある洋風な一軒家の外観で、隠れ家的な場所に位置しな...
タイトルとURLをコピーしました